2013年10月18日

ワキガ(体臭)治療は病院で保険が使えます

人知れず自分の体臭について悩みを持つ人は、意外と身近に存在しているものです。これは「臭い」というデリケートな領域の問題なだけに、あまり人に相談したくないという気持ちが働き、自分一人で何とか解決出来ないか、あるいは何とかごまかせないかと、結果的に周りに相談せずに一人で密かに思い悩む傾向があるからだと言われています。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ - TOKYO FM 80.0 - 鈴木敏夫

特に「ワキガ」については、この傾向が強く、この問題を抱える多くの人が制汗剤を多用したりと、自分の体臭に対してこっそりと対応しているケースが多いのです。

しかし、このワキガは病院で治療できることをご存知でしょうか?しかも治療には保険が適用出来る場合が多く、意外と低い治療費ですむことも多々あるのです。
では、どのようなケースなら保険を適用出来るのでしょうか?

汗濁大学

まず大前提として、受信した医療機関が保険診療を行えることが挙げられます。というのも、この治療は美容外科の領域に入るものの、中には保険診療を一切行っていない所もあるからです。事前に保険が使えるかしっかりと確認することをお勧めします。

次に、診療した医師がその臭いをワキガと認める必要があります。実はこれに関しては、担当したドクターの主観による部分も大きいため、その時のボディコンディションによっては認められないことがあるため注意が必要です。

名古屋 わきが 治療

最後に、保険適応が認められた治療方法であることが条件です。保険を使いたい旨を医師に明確に伝え、相談をしながら治療に当たりましょう。
このように、3つの条件はあるものの、ワキガの治療は保険が適用可能で、費用を抑えることが出来ます。もしこの件でお悩みなら、一度検討してみてもよいのではないでしょうか?